もともと見栄っ張りな私は、人と違ったものをもちたい、ワンランク上の輸入車に乗りたいといったように、収入に見合わないような出費を繰り返していました。

当然給料では賄えず、ATMキャッシングというものにも手を出しておりました。借りた時は、何か魔法にでもかけられたかのように自分のお金のような気がして、気分が大きくなってしまいます。

そして徐々に返済が滞るようになっても、また違いところから借りることができたので、まるで余裕でしたが大きな間違いへとまっしぐらだったのです。そのうち審査も通らなくなり行き詰り、返済だけが日を追って増えてきます。
オリックス銀行カードローンの審査が不安な人へ。審査のポイントと申し込む前に確認すべきこと。 オリックス銀行カードローンの審査に落ちない為の5か条

その返済額がすでに収入を超えてしまい、もう首が回りません。親を頼りなんとかなりましたが、身の丈を知り親の愛情を知り反省するのです。